TOEICの点数をあげる勉強法って?

ある程度規模の大きな会社になると、国内だけではなく海外との取引をすることがあります。
近年では海外と様々な取引をする企業も増えてきました。
そのため就職する際にTOEICの点数がどのくらいなのかについて、聞かれることもあるでしょう。
もちろん点数が良ければ良いほど就職には有利になりますが、どうしても自分の点数が低いまま伸びないという人は、以下でご紹介する方法を意識してみてください。

集中力を高めることを意識する

実際に試験を受ける際にはヒアリングテストが含まれています。
そのため自分で考えて記入するだけでは無く、しっかりと聞き取る力を身につけなければなりません。
そのためには何よりも集中力が大切。

単語や文法などはしっかり覚えていても、聞き取り力そのものが低ければ当然ですが試験結果も悪くなってしまいます。
ヒアリングをしている間に他の問題を見ながら答えを考えたり、受かるかどうか不安な気持ちを持ってしまったりすることがないように、しっかりと集中力を高めるようにしましょう。

集中力を高めるためにはヒアリングでまず一言目にどんな言葉が耳に入ってくるかを意識すると良いですね。
ここを意識すれば、その後の内容に関してもスラスラと聞き取ることができます。
最初の段階で注意散漫となってしまい、聞き取ることができないと、その後は不安が押し寄せてくるので内容を聞き取るよりも、最初の言葉が聞き取れなかったという意識が働いてしまいます。
まずは一言目を確実に聞くことができるように、耳を澄ませ神経を研ぎ澄ませましょう。

前日、当日はしっかり食事をとる

試験を受ける前日、そして当日の朝に関しては数十分な食事を摂るようにしてください。
ぐっすりと朝寝ていてギリギリで起きたなどの場合には、朝食を摂らず試験を受けることがあります。
また、前日も夜通し勉強していて食事が取れなかったというケースもあるでしょう。

しかし食事というのは当日試験を受ける際に大きな影響を及ぼします。
空腹になってしまうというだけではなく、しっかりと食事をとることによって脳が活発に働くようになります。
自分の中では空腹感を感じず、大丈夫だと思っていても、脳の働きが低下してしまえば、覚えたはずの単語が出てこなくていいこともあるでしょう。

少なくとも前日の夕食、そして当日の朝食はしっかりとバランスの良いものというように心がけてください。
これだけでも頭が冴え、試験結果が良くなる傾向にあります。

回答のパターンを覚える

こちらはヒアリングテストに関して言えることですが、回答にはいくつかのパターンがあることを覚えておきましょう。
質問がどのような言葉で始まるのかによって回答形式も変わってきます。
こういったある程度のパターンをしっかりと学んでおけば、それだけで凡ミスをしてしまうことが防げます。
その都度、質問内容をじっくり聞きながらゆっくりと考えるのではなく、パターンをしっかりと覚えて最初の一言目で答えがYES 、NO なのか文節で答えるものなのかを瞬時に判断していきましょう。